LDLコレステロールが170以上の場合のリスクと対策!

LDLコレステロールが170以上ある男性
LDLコレステロールが170mg/dlとは、どのような数値なのでしょう。

治療とリスクについてまとめました。


LDLコレステロールが170mg/dlはどんな数値?


LDLコレステロールの正常値は140mg/dlまでです。

 140mg/dl以上ある人は、すぐに正しい食事療法を始める必要があります。 

そのためには病院で検査を受け、食事指導を受けなければいけません。

動脈硬化はLDLコレステロールが高い人に起こるという印象があるかもしれませんが、動脈硬化自体は10代から始まります。

動脈硬化は急に起きるものではなく、徐々に進行し、やがて「発症」という形を取ります。

発症以前にどんどん進行していくのが動脈硬化で、自覚症状は心筋梗塞や脳梗塞など、脳や体に重大な影響を与えるときに初めて起こります。

10代から始まる動脈硬化ですが、進行スピードは人によって差があります。

現代は過栄養時代といわれており、体もそんなに動かさなくても生活できるようになりました。

その結果、過剰なエネルギー摂取が動脈硬化を加速させ、20代でも心筋梗塞や脳梗塞による死亡率が増えています。

ですから、 たとえ20代であっても、LDLコレステロール値や総コレステロール値、中性脂肪値が高いのを見過ごしてはなりません。 


LDLコレステロールが170mg/dlの時の対策


病院で検査を受けると、LDLコレステロール値以外に心配なことがなければ食事療法と運動療法を行う「生活治療」が始まります。

「心配なこと」とは、家族に心筋梗塞や脳梗塞を起こしたことがある人がいたり、年齢が高かったり、喫煙習慣、糖尿病、他の高脂血症があることです。

これらのことに該当する場合は、生活治療と同時に薬物治療が始まるのが一般的です。

特に、狭心症や心筋梗塞になったことのある方は、LDLコレステロール値が100mg/dl以上で薬物治療が行われます。

心配なことが何もない方でも、食事治療等をしばらく行っても160mg/dl以下に下がらない場合は薬物治療が開始されます。

 薬物治療は一度始めたら死ぬまで続くようなものではなく、数値が落ち着けば徐々に減り、やがては中止されますので安心して薬物治療を受けてください。 

投薬によって冠動脈疾患が起きる確率を下げながら、有酸素運動を行う習慣や栄養バランスの取れた食事を生活に定着させ、LDLコレステロール値の減少を図るのが大事です。

コレステロールを下げる特定保健用食品や、サプリメントはたくさん販売されています。

LDLコレステロールを下げるサプリメント・健康食品


投薬治療を受けた方は、副作用などが重なってしまうと影響が強く出る場合がありますので、飲み始める前に医師に相談してください。


ツイッターで見る、LDLコレステロールが170ある人のあれこれ







数値が気になる方へおススメの健康食品

サンスター 緑でサラナ

LDLコレステロールを下げる効果があると実験によって認められている、サンスターのトクホ野菜ジュース。


野菜100%で、保存料・食塩・砂糖・香料は一切無添加。野菜不足の方にもピッタリ。


野菜はブロッコリー、キャベツなどの青野菜を8種類にりんごとレモンを加えて栄養バランスを整えてあります。


なるべく自然なかたちでLDLコレステロールを下げたい場合におススメです。

さくらの森きなり

さくらの森の「きなり」は、DHA・EPAはもちろんのこと、クリルオイル、ナットウキナーゼの成分も配合されているサプリメント。


数値が気になる方、魚を食べる機会が少ない方、魚が嫌いな方へおススメです。


いちばんの特徴は、特殊製法によって、DHAサプリにありがちな魚臭さを完全に除去したところ。


オレンジ風味なので、継続して飲みやすいと評判です。


リピート率が92.3%と高いことも支持されている証です。

美健知箋EPA&DHA

サトちゃんのマスコットでおなじみの「サトウ製薬」が開発したサプリメント。


高濃度のEPA&DHAが配合されています。消化吸収を高めるために、小さな粒に加工。


初回はお試ししやすいお値段となっています。

   

 - 検査と数値