LDL(悪玉)コレステロールはお酒で増える?減る?

悪玉コレステロールとお酒の関係
摂りすぎは良くないといわれる代表格がお酒です。

お酒はコレステロールにはどの様な影響を与えるのでしょうか。


お酒はLDLコレステロールを減らす


お酒を飲むと、コレステロールの中でもHDLコレステロール(善玉コレステロール)の値が上がります。

HDLコレステロールは、血管壁にたまりがちなLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を除去し、肝臓まで運んで処理してくれる働きがあります。

お酒を飲むとHDLコレステロールは増加するため、結果的にLDLコレステロールは減少することになります。

お酒を飲む習慣のある人は、心臓病の発症リスクが飲まない人よりも少ないことがわかっています。

お酒を飲むと、体の中にはアルコールが吸収されます。

このアルコールが活性させる作用がある酵素があります。

その酵素の名前は、ウロキナーゼと言います。

ウロキナーゼは適度のアルコールを摂取することによって、増加することがわかっています。

そして、このウロキナーゼには血栓を溶かす作用があるのです。

適量のアルコールを摂取することは、ウロキナーゼを通常の2倍近くに増やし、血栓を溶解することにつながるといいます。

ただし、このようなお酒の効果はあくまで適量を守った場合の話です。

コレステロールを減らす飲酒にも、適量があります。

適量をしっかり守ることによってアルコールの害からも体を守ることができます。



コレステロールを減らすお酒の適量


HDLコレステロールを増やすためには、

  • 日本酒:1合
  • ビール:大瓶1本
  • ウイスキー:ダブル1杯

  • が適量だといわれています。

    一番良くHDLコレステロールを増やす働きがあるといわれているのは焼酎です。

    焼酎の原料は問わず、量は日本酒に準じた1合程度が適量といわれています。

    飲みすぎにはくれぐれも注意してください。適量を超えてしまうと、アルコールには困った働きもあります。



    適量を超えるとかえって害になる


    お酒を飲むときは、適量を越えてしまうと途端に心臓疾患による死亡率が上がることがわかっています。

    アルコールを摂取しすぎることは、肝臓での中性脂肪の合成を促進してしまうことになります。

    アルコールの飲みすぎは血中中性脂肪を上げてしまい、皮下脂肪や内臓脂肪を蓄積するきっかけになります。

    お酒の飲みすぎは、アルコール依存症につながるだけでなく、食道や胃など消化器系の炎症の原因にもなります。

    肝臓に与える影響はもちろんの事、糖尿病や高血圧の原因にもなります。

    適量を守り、楽しくLDLコレステロールを減らしましょう。

    数値が気になる方へおススメの健康食品

    中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット(粒タイプ)

    タブレットタイプなので気軽に飲みやすいというメリットがあります。


    1日2粒目安を飲み続けることによって、4週間目以降から中性脂肪とコレステロールに良い変化が起こる効果を期待できます。


    アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の働きで中性脂肪と悪玉コレステロールを低下させる作用と、さらに善玉コレステロールを上昇させる作用が報告されている機能性表示食品です。

    大正製薬のトクホの青汁

    悪玉コレステロールが4週間で下がった実験結果があるキトサン入りの青汁です。


    粉末タイプで冷水やお湯に溶かして飲めます。抹茶風味で味も美味しくいただける大麦若葉青汁です。


    材料にもこだわっており、無農薬の大麦若葉を使っているので安心です。


    初回限定で30杯分が980円(税別・送料無料)となっており、2回目以降も10%OFFの3,420円となっているので毎日続けやすい値段となっています。

    大正製薬の「大正DHA・EPA」

    個包装タイプで酸化しにくい工夫がされているDHA・EPAサプリです。

    1日5粒を目安にお飲みいただけます。


    DHAが400mg、EPAが200mgと十分な量が配合されており、良質な国産カツオ・マグロの油のみを使用しています。


    お得な定期コースは初回500円+税で、2回目以降は毎回10%OFF(3,600円+税)です。

       

     - 飲み物