30代でLDLコレステロールが高い【原因や対策は?】

30代でコレステロールが高い男女
30代でコレステロールが高いって驚きでしょうか。

実は今、日本人の30代は動脈硬化が増加しているのです。

会社の健康診断で驚いた人も、子育て中で自分のことは二の次になってしまっている人も、もう一度コレステロール値には注意してみましょう。


30代、LDLコレステロールの平均値は?


30代でLDLコレステロール値が高くなってくるのは、主に女性だといわれています。

男性はコレステロールが高くなる前に中性脂肪が増加する人が多いためです。

女性で30代にLDLコレステロールが増大するのは、問題があります。


30代男性の平均値

  • 総コレステロール:197㎎/dl
  • LDLコレステロール:112mg/dl
  • HDLコレステロール:55mg/dl

  • 30代女性の平均値

  • 総コレステロール:188mg/dl
  • LDLコレステロール:86mg/dl
  • HDLコレステロール:64mg/dl


  • 一般的に男性より総コレステロールは低く、LDLコレステロールに比べてHDLコレステロールが高いのが女性です。

    女性は30代はまだLDLコレステロールは低くならないと困ります。

    女性は40~50代に閉経した後、女性ホルモンが激減する関係でLDLコレステロールが急に上がることがあります。

    30代の時点ですでにコレステロールが高い状態だと、血糖値を抑える作用や血圧を抑制する作用がなくなり、大きな疾患に結びつく可能性があるため、30代ではまだLDLコレステロールは低い方が望ましいのです。



    30代のコレステロールが高い主な原因はストレス


    30代のコレステロールが高い人の原因は、主にストレスによる部分が大きいといわれています。

    もちろん、高脂肪高エネルギーの食事、慢性的な運動不足も原因です。

    ストレスによって自律神経が乱れると、副腎皮質ホルモンが分泌され、コレステロールの値を上げてしまう原因になります。

    血圧も上がりますので、中性脂肪も増えてしまいます。

    たかがストレス、と放っておかずに、自分でストレスを取り除くための工夫をすることが必要です。

    自分に合ったストレス解消法を試し、有効な方法を探してみてください。

    ストレス解消法として選んではいけないものは、暴飲暴食です。

    スイーツ中毒などもだめです。

    余計にコレステロールを上げてしまうことにつながります。

    普段デスクワークの人は体を動かしたり、高脂肪高エネルギーの食事が多い人は食事内容を見直すなどして、30代に上がったコレステロールは30代のうちに落としておきましょう。


    数値が気になる方へおススメの健康食品

    中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット(粒タイプ)

    タブレットタイプなので気軽に飲みやすいというメリットがあります。


    1日2粒目安を飲み続けることによって、4週間目以降から中性脂肪とコレステロールに良い変化が起こる効果を期待できます。


    アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の働きで中性脂肪と悪玉コレステロールを低下させる作用と、さらに善玉コレステロールを上昇させる作用が報告されている機能性表示食品です。

    大正製薬のトクホの青汁

    悪玉コレステロールが4週間で下がった実験結果があるキトサン入りの青汁です。


    粉末タイプで冷水やお湯に溶かして飲めます。抹茶風味で味も美味しくいただける大麦若葉青汁です。


    材料にもこだわっており、無農薬の大麦若葉を使っているので安心です。


    初回限定で30杯分が980円(税別・送料無料)となっており、2回目以降も10%OFFの3,420円となっているので毎日続けやすい値段となっています。

    大正製薬の「大正DHA・EPA」

    個包装タイプで酸化しにくい工夫がされているDHA・EPAサプリです。

    1日5粒を目安にお飲みいただけます。


    DHAが400mg、EPAが200mgと十分な量が配合されており、良質な国産カツオ・マグロの油のみを使用しています。


    お得な定期コースは初回500円+税で、2回目以降は毎回10%OFF(3,600円+税)です。

       

     - 年代