20代でLDLコレステロールが高い原因、対策は?

コレステロールの高い20代女性
加齢とともに増えるイメージのコレステロール。

それなのに、20代でもうすでにコレステロール値が高い、という人もいます。

若くて新陳代謝もまだ盛んな20代のはずなのに、コレステロールが高いのはなぜでしょう?


コレステロールは生活習慣で上がる


 揚げもの、肉類、乳脂肪などを多食していると、たとえ若くてもコレステロール値は上がります。 

油で揚げた麺、いわゆる即席麺もコレステロールを上げる原因となります。

若いからといって、これらの食品ばかり食べていることはコレステロールの上昇にまっしぐらです。

脂肪分の多い食事を摂っていても、コレステロール値を下げてくれる食物繊維の多い食事をし、毎日適度な運動をしていれば、コレステロールが上がることはありません。

20代でもデスクワーク中心の仕事になってしまって、立ち歩く時間もほんのわずか、仕事が忙しくてきちんとしたご飯を食べる暇もなく深夜にカップ麺とポテトチップス…

こんな生活はコレステロールを上げてしまいます。

上がったコレステロールは血管壁を肥厚させ、動脈硬化の原因となります。

 コレステロールが高いときは中性脂肪も高いことが予想されますので、肥満への道を歩いていることにもなります。 

動脈硬化やメタボリックシンドロームはお年寄りの病気…と思っていると、大間違いです。

若い人でも動脈硬化になることはあります。

高齢者の病気と思われがちな心筋梗塞ですが、最近では20代、30代の若い人も心筋梗塞を起こす例が増加しています。



20代のLDLコレステロールを下げるサプリメント・健康食品を見てみる。


20代女性のコレステロールを下げるために


適度な運動習慣、バランスの取れた食習慣がコレステロールを下げます。

LDLコレステロール値の正常値は70mg/dl~120mg/dl、ボーダーラインは121mg/dl~139mg/dlになります。

 20代女性の平均値は総コレステロールで180㎎/dlなので、これを超えると年齢の割にはコレステロール値が高いということになります。 




運動習慣、食習慣の改善で20代のコレステロール値は下がることがほとんどだといいます。

薬物治療で劇的にコレステロールを下げてしまうと、うつ状態になったり代謝異常になったりという困ったトラブルも起こります。

コレステロール値が高すぎる場合は、下げたほうが将来のために良いのです。

ですが、これから妊娠・出産の可能性がある女性は、あまりにコレステロールを低くするのも考えものです。

 まずは運動の習慣と食習慣を見直し、将来的な肥満予防のためと思って頑張ってみて下さい。 

数値が気になる方へおススメの健康食品

中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット(粒タイプ)

タブレットタイプなので気軽に飲みやすいというメリットがあります。


1日2粒目安を飲み続けることによって、4週間目以降から中性脂肪とコレステロールに良い変化が起こる効果を期待できます。


アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の働きで中性脂肪と悪玉コレステロールを低下させる作用と、さらに善玉コレステロールを上昇させる作用が報告されている機能性表示食品です。

大正製薬のトクホの青汁

悪玉コレステロールが4週間で下がった実験結果があるキトサン入りの青汁です。


粉末タイプで冷水やお湯に溶かして飲めます。抹茶風味で味も美味しくいただける大麦若葉青汁です。


材料にもこだわっており、無農薬の大麦若葉を使っているので安心です。


初回限定で30杯分が980円(税別・送料無料)となっており、2回目以降も10%OFFの3,420円となっているので毎日続けやすい値段となっています。

大正製薬の「大正DHA・EPA」

個包装タイプで酸化しにくい工夫がされているDHA・EPAサプリです。

1日5粒を目安にお飲みいただけます。


DHAが400mg、EPAが200mgと十分な量が配合されており、良質な国産カツオ・マグロの油のみを使用しています。


お得な定期コースは初回500円+税で、2回目以降は毎回10%OFF(3,600円+税)です。

      2017/11/10

 - 年代