コレステロール摂取量の目安は?摂取制限がなくなったのは本当?

コレステロールの摂取量を調べている男性

コレステロールの摂取量は、2015年5月1日に発表された日本動脈硬化学会の「コレステロール摂取量に関する声明」において、摂取量の制限が撤廃されました。

これはどういうことでしょうか。


コレステロールの摂取制限がなくなる


コレステロールが高いと、以前は摂取制限がありました。

コレステロール量、脂肪量を綿密な計算により制限された「制限食」による食事治療が一般的でした。

現在、コレステロールの制限量はありません。理由はいくつかあります。


  • 同じものを食べても、食後のコレステロール値の上昇に個人差がある。

  • 食事によるコレステロールの摂取による影響よりも、生活習慣の影響のほうが大きい。

  • コレステロールを含む食材の影響よりも、食べ合わせる食品の影響のほうが大きい。


  • ステーキの付け合わせにコーン(糖質)を選ぶか、温野菜(食物繊維)を選ぶかによって、血液中のコレステロールの量は変わります。

    コレステロールの高い卵を食べるときに、ハムエッグにするのか、ほうれん草と巣ごもり卵にして食べるのかによって血液の状態は変化します。

    また、同じコレステロールを含む食べ物を食べた後、運動の習慣がある人とない人では血液の状態が変化してきます。

    喫煙、飲酒などの生活習慣の違いによって同じものを食べても大きく差が出てきます。

    このことにより、コレステロールの摂取制限自体は意味がないということになりました。

    求められているのは自分の体の状態に見合った生活習慣の改善です。

    参照サイト:日本動脈硬化学会
    http://www.j-athero.org/outline/cholesterol_150501.html



    コレステロールを制限する前に、生活習慣を直す


    コレステロールを低下させるには、適度な運動、バランスのとれた食事、禁煙などの工夫をすることができます。

    適度な運動は、毎日の習慣にすることにより肥満を改善し、血中の過剰なコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。

    運動によって筋肉量が増えると基礎代謝量が増すので、よりコレステロールや中性脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

    バランスのとれた食事では、和食中心が推奨されています。

    野菜や豆をたくさん摂る伝統的な食事に切り替えることによって、食物繊維が余分なコレステロールを排出し、血液の状態を変えることができます。

    コレステロールの摂取制限はなくなりましたが、たくさん摂取し続けてよいものではありません。

    今までの食事よりも少し控えめくらいの量を目指すとよいでしょう。

    喫煙は動脈硬化を促進させてしまう働きがあります。

    動脈硬化の発症リスクが上がることは、健康上望ましくないことです。

    コレステロール値が心配な方は、禁煙が望ましいといえます。

    これらの生活習慣を改善することでコレステロール値の減少を図ることができます。



    カロリー制限について


    コレステロールの摂取制限はなくなりましたが、体の状態によってカロリーを制限しなければならない状態があります。


    • 肥満
    • メタボリックシンドローム
    • 2型糖尿病
    • 高トリグリセライド(中性脂肪)血症

    上記の場合は、カロリー制限が必要です。

    • 高LDLコレステロール血症

    高コレステロール血症の場合は、飽和脂肪酸とコレステロールの取りすぎに注意する必要があります。

    この場合は医師や管理栄養士の指示に従いましょう。

    数値が気になる方へおススメの健康食品

    中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット(粒タイプ)

    タブレットタイプなので気軽に飲みやすいというメリットがあります。


    1日2粒目安を飲み続けることによって、4週間目以降から中性脂肪とコレステロールに良い変化が起こる効果を期待できます。


    アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の働きで中性脂肪と悪玉コレステロールを低下させる作用と、さらに善玉コレステロールを上昇させる作用が報告されている機能性表示食品です。

    大正製薬のトクホの青汁

    悪玉コレステロールが4週間で下がった実験結果があるキトサン入りの青汁です。


    粉末タイプで冷水やお湯に溶かして飲めます。抹茶風味で味も美味しくいただける大麦若葉青汁です。


    材料にもこだわっており、無農薬の大麦若葉を使っているので安心です。


    初回限定で30杯分が980円(税別・送料無料)となっており、2回目以降も10%OFFの3,420円となっているので毎日続けやすい値段となっています。

    大正製薬の「大正DHA・EPA」

    個包装タイプで酸化しにくい工夫がされているDHA・EPAサプリです。

    1日5粒を目安にお飲みいただけます。


    DHAが400mg、EPAが200mgと十分な量が配合されており、良質な国産カツオ・マグロの油のみを使用しています。


    お得な定期コースは初回500円+税で、2回目以降は毎回10%OFF(3,600円+税)です。

       

     - コレステロールの基礎知識