ソヤファーム「豆乳でつくったヨーグルト」の効果はある?

ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルト

ソヤファーム「豆乳で作ったヨーグルト」は、とーらく株式会社が販売している特定保健用食品です。

コレステロールを低下させる作用があるとして消費者庁に認定されている食品です。


ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルトはコレステロールを下げるの?


総コレステロール180mg/dl以上の人が豆乳でつくったヨーグルトを2週間摂取したところ、血液中のLDLコレステロールが10%ほど減少したという実験データがあります。

ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルトがコレステロールを下げるのは、含まれている大豆たんぱく質の働きによるものです。

大豆たんぱく質は、小腸で胆汁酸と結合します。

そして、そのまま体外に排出されます。

血液中のコレステロールは新たに胆汁酸を合成するために使われます。

そのため、血中のコレステロール量が減るのです。

胆汁酸は、小腸で食品と結合しなかった場合、また小腸から吸収され、胆汁酸に再合成されます。

胆汁酸が食品と結合して足りなくなると、血液中のコレステロールが胆汁酸の原料として使われることになり、総コレステロール量が減るという仕組みになっています。


ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルトの食べ方


1日2個を目安に食べることが推奨されています。

特定保健用食品には摂取目安量が定められていて、それより多く食べても少なく食べても期待した効果は得られません。

肝臓にはリズムがあります。

午前中は消化液の胆汁を生産し、昼ころに一番解毒作用が高まり、夕方から夜にかけては代謝が高まり、真夜中の時間帯に肝臓の細胞が修復・再生されるというリズムです。

ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルトは、昼頃から夜までの間に食べる習慣をつけたほうが良いでしょう。

肝臓は真夜中に細胞の修復を行うため、真夜中にものを食べたりする夜更かしの習慣は肝臓にダメージを与えます。

肝臓の働きが正常でないと、大豆たんぱく質を摂取してもコレステロールを下げることには結びつかないことがあります。

豆乳でつくったヨーグルトを食べるだけでなく、夜更かしの習慣がある人は肝臓のために改めましょう。


ソヤファーム豆乳でつくったヨーグルトはどこで買える?


以前はコンビニ等でよく見かけたヨーグルトで、一部スーパーでの取り扱いもあったようです。

最近はほとんど見かけなくなってしまいましたが、まだ通販サイトでは取り扱いがあります。

スーパーでもまだ取り扱いのある所はありますが、「どのスーパーチェーンには取り扱いがある」というのではなく、「店舗によって取り扱っているところといないところがある」というのが実情のようです。

需要が少なくなるとスーパーの店頭からもなくなってしまいますので、取り扱いがあるかどうかは店員さんに気軽に聞いてみることをおすすめします。


数値が気になる方へおススメの健康食品

サンスター 緑でサラナ

LDLコレステロールを下げる効果があると実験によって認められている、サンスターのトクホ野菜ジュース。


野菜100%で、保存料・食塩・砂糖・香料は一切無添加。野菜不足の方にもピッタリ。


野菜はブロッコリー、キャベツなどの青野菜を8種類にりんごとレモンを加えて栄養バランスを整えてあります。


なるべく自然なかたちでLDLコレステロールを下げたい場合におススメです。

さくらの森きなり

さくらの森の「きなり」は、DHA・EPAはもちろんのこと、クリルオイル、ナットウキナーゼの成分も配合されているサプリメント。


数値が気になる方、魚を食べる機会が少ない方、魚が嫌いな方へおススメです。


いちばんの特徴は、特殊製法によって、DHAサプリにありがちな魚臭さを完全に除去したところ。


オレンジ風味なので、継続して飲みやすいと評判です。


リピート率が92.3%と高いことも支持されている証です。

美健知箋EPA&DHA

サトちゃんのマスコットでおなじみの「サトウ製薬」が開発したサプリメント。


高濃度のEPA&DHAが配合されています。消化吸収を高めるために、小さな粒に加工。


初回はお試ししやすいお値段となっています。

      2017/02/09

 - トクホ