コレカットレモンの効果や販売店、価格は?口コミ・評判

コレカットレモン
コレカットレモンは、コレステロールの吸収を抑えて、おなかの調子を整える2つの効果の特定保健用食品ドリンクです。

世界5か国で特許を取得しています。

スポンサードリンク

コレカットレモンの効果


コレカットレモンがコレステロールを下げ、おなかの調子を整えることができるのは、含まれている「アルギン酸」の効果です。

アルギン酸とは、昆布などに含まれる海藻由来の食物繊維です。

食物繊維は食べ物として摂取したコレステロールと、腸内の胆汁酸をからめとって排泄してくれる働きがあります。

胆汁酸の原料は、血液中のコレステロールです。

排泄されない胆汁酸は、また小腸から吸収されて肝臓で胆汁酸として再合成されますので、胆汁酸の排泄率が良くないと血液中のコレステロールが消費されず、どんどん血液中に蓄積されていく状態になります。

アルギン酸は胆汁酸を排泄することによって、血液中のコレステロールを胆汁酸に合成させて減らします。

食物から摂取したコレステロールも100%吸収させるのではなく、何割かを排泄することによって肝臓で合成されるコレステロールの原料を減らします。

このダブル効果によってコレステロールを減らすことができるのです。

また、食物繊維は消化されずに大腸までたどり着くことができます。

アルギン酸は水を含むと膨らみ、腸を刺激することによって排便を促す整腸作用も得られます。

カロリーオフなのでダイエットにも役立ちます。



コレカットレモンの飲み方


食物繊維は、食事と一緒に摂取することによって効果を発揮します。

食事前後に1日1本飲むことがおすすめです。

胆汁酸を合成する肝臓にはリズムがあり、午前中は胆汁酸や中性脂肪を合成して放出し、夜に傷んだ細胞等を修復します。

そのため、十分に体内に胆汁酸がある昼食や夕食の際に飲むのが、一番コレカットレモンの効果が発揮できると思われます。

もう一つコレカットレモンが効果を発揮する腸にもリズムがあります。

腸は副交感神経が活発化する時間帯に活性化しますので、肝臓・腸ともに夜更かしの多い生活では機能が低下します。

コレカットレモンを飲むだけではなく、コレステロールの低下作用や腸の機能を整える作用を期待するなら生活リズムも見直しましょう。



コレカットレモンの販売店と価格は?


特に加齢によって上昇するコレステロールを抑制する効果が高いコレカットレモンは、公式サイトでは1本200円です。

1日1本が摂取目安量なので、1日当たり200円が定価ということになります。

定期購入すると1本あたり180円です。

コレカットレモンは、通販サイトやテレビショッピングなどで購入することができます。

楽天では現在コレカットライト(グレープフルーツ味)しか取り扱いがありません。

amazonも同様です。

コレカットレモンを購入するには公式サイトかテレビショッピングしかありませんが、テレビショッピングは公式サイトと同じ価格です。


ツイッターで見るコレカットレモンの口コミ・評判








ツイッターでは、まずいとの意見多し…。

味にこだわりのある方は、別のコレステロールを下げる食品かサプリを選んだほうが無難のようです。

スポンサードリンク

数値が気になる方へおススメの健康食品

中性脂肪やコレステロールが気になる方のタブレット(粒タイプ)

タブレットタイプなので気軽に飲みやすいというメリットがあります。


1日2粒目安を飲み続けることによって、4週間目以降から中性脂肪とコレステロールに良い変化が起こる効果を期待できます。


アフリカマンゴノキ由来エラグ酸の働きで中性脂肪と悪玉コレステロールを低下させる作用と、さらに善玉コレステロールを上昇させる作用が報告されている機能性表示食品です。

大正製薬のトクホの青汁

悪玉コレステロールが4週間で下がった実験結果があるキトサン入りの青汁です。


粉末タイプで冷水やお湯に溶かして飲めます。抹茶風味で味も美味しくいただける大麦若葉青汁です。


材料にもこだわっており、無農薬の大麦若葉を使っているので安心です。


初回限定で30杯分が980円(税別・送料無料)となっており、2回目以降も10%OFFの3,420円となっているので毎日続けやすい値段となっています。

大正製薬の「大正DHA・EPA」

個包装タイプで酸化しにくい工夫がされているDHA・EPAサプリです。

1日5粒を目安にお飲みいただけます。


DHAが400mg、EPAが200mgと十分な量が配合されており、良質な国産カツオ・マグロの油のみを使用しています。


お得な定期コースは初回500円+税で、2回目以降は毎回10%OFF(3,600円+税)です。

      2018/05/22

 - トクホ