エパデールSの効果と副作用とは?【飲み方や注意点】

エパデール
エパデールSは高脂血症の治療に使われる薬です。

エパデール300・600・900と3種類あって、主成分イコサペント酸エチルの成分量(300mg・600mg・900mg)によって数字がちがいます。

高脂血症の治療に使われる薬は副作用や使用上の注意点があるため、理解したうえで服用しなければなりません。


エパデールの効果


エパデールは、魚油などに含まれるEPAを主成分とし、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる薬です。

血液が凝固して血管壁に付着するのを防ぐほか、血管の弾力性を保ち、動脈硬化の状態になるのを防ぐ働きがあります。

コレステロールや中性脂肪を低下させて、高脂血症に伴う動脈硬化、心筋梗塞や狭心症、脳卒中のリスクを低減します。

高脂血症を合併する閉塞性動脈硬化症に使われることが多いです。

血液を血管内で固まらせない働きがあるため、血行障害で手足が冷えたり、しびれたりなどを改善するほか、皮膚潰瘍の治療に使われることもあります。

血小板を固めてしまうトロンボキサンA2という成分の合成を抑え、血液を固まりにくくする薬です。

中性脂肪やコレステロールの吸収を抑え、肝臓内で合成されることを抑制する効果や、肝臓からの中性脂肪の分泌を抑制する働きのある薬です。

血液を固まりにくくするため、副作用には注意が必要です。



エパデールの副作用について


高脂血症の治療薬は肝臓や腎臓に影響を与えるものが多いのですが、エパデールはその中でも副作用は少ないほうです。

重篤な副作用はありませんが、肝臓に影響を与えることがあるので、その点だけは注意が必要です。

肝障害の副作用は、急には訪れません。

前兆として、だるさ、食欲不振、吐き気や発熱、発疹、かゆみ、黄疸、尿が茶褐色になるなどの変化が出た場合には、病院を受診しましょう。

肝障害の初期症状が出ている恐れがあります。

血液を固まりにくくする作用があるため、鼻血や歯ぐきからの出血がある人は、出血が止まりにくくなります。

皮下出血がおさまりにくいため、青あざになりやすくなることもあります。

女性だと、月経の出血が多くなることもあります。

医師の処方を守って飲んでいれば、出血が止まりにくいということはありませんが、止まりにくくはなります。

出血時は安静にして、血が止まるのを待ちましょう。



エパデール服用の際に医者に告げておかなくてはいけないこと


エパデールを処方される際には、医師に告げておかなければならないことがあります。


抜歯を初めとする歯科の処置を予定している


口内はもともと血が止まりにくいものですが、エバデールを服用すると、さらに血が止まりにくくなります。

歯科治療の際に、歯茎や抜歯あとからの血がさらに止まりにくくなってしまいますので、治療を予定している人は医師に報告してください。

傷口が開いてしまう可能性もあるため、1週間以内に抜歯をした人も、医師に告げておく必要があります。

歯科だけではなく、外科等の手術を予定している人も、医師に告げる必要があります。

外科手術は出血も多く、わからずに手術をした場合は命にかかわることがあります。

手術や歯科治療の際は、前後1週間くらい一時中止するなどの方法をとることが一般的です。

医師の指示に従ってください。


出血を伴う既往症がある


血友病、消化管出血、尿路出血など、出血を伴う既往症のある人は服用できません。

潰瘍のある人も医師に相談が必要です。


妊娠を予定している


妊娠を予定している人、妊娠中の人、授乳中の人は使う前に必ず医師に相談が必要です。


ほかに薬を飲んでいる


飲んでいる薬の種類によって、その薬の効果を強めてしまったり、弱めてしまったりという作用が起こることがあります。

薬によっては、エバデールの作用を強めてしまい、副作用が出やすくなってしまうこともあるので注意が必要です。

ここでいう薬とは、病院で処方された薬も、ドラッグストアなどで手に入る市販薬も含みます。

また、EPAが含まれるサプリを飲んでいる人も、医師に相談してください。

EPAの過剰摂取に伴って出血が止まりにくくなることには注意が必要です。



エパデールの飲み方


エパデールは、飲み方にも注意が必要です。


空腹時に飲まない


空腹時に飲むと薬の成分の吸収が悪くなります。必ず食事の直後に飲むようにしてください。


噛まない


胃に入る前にカプセルの中身が出てしまうと、吸収が悪くなります。

また、特有のにおいがあるので、拒否感を覚える人も多いようです。噛まずに飲み込みましょう。


手で触らない


エパデールは柔らかいカプセル状の薬です。

指の温度や湿気で表面が溶けてしまうこともありますので、袋から直接口に移してください。


2回分を一緒に飲まない


飲み忘れても2回分を一緒に飲んではいけません。

多く飲んでしまった場合は医師や薬剤師に相談してください。


温かい飲み物と一緒に飲まない


温かい飲み物と一緒に飲むと口の中で溶けてしまいます。冷たい水と一緒に飲みましょう。

医師の判断で処方された薬はすべて、自分の判断で飲むのをやめてはいけません。

高脂血症の治療で飲んでいる場合には、自己診断でやめると、急激な中性脂肪やコレステロールの上昇があることがあり危険です。

医師の判断に従い、運動治療や食事治療とも並行して薬物治療を行いましょう。

数値が気になる方へおススメの健康食品

サンスター 緑でサラナ

LDLコレステロールを下げる効果があると実験によって認められている、サンスターのトクホ野菜ジュース。


野菜100%で、保存料・食塩・砂糖・香料は一切無添加。野菜不足の方にもピッタリ。


野菜はブロッコリー、キャベツなどの青野菜を8種類にりんごとレモンを加えて栄養バランスを整えてあります。


なるべく自然なかたちでLDLコレステロールを下げたい場合におススメです。

さくらの森きなり

さくらの森の「きなり」は、DHA・EPAはもちろんのこと、クリルオイル、ナットウキナーゼの成分も配合されているサプリメント。


数値が気になる方、魚を食べる機会が少ない方、魚が嫌いな方へおススメです。


いちばんの特徴は、特殊製法によって、DHAサプリにありがちな魚臭さを完全に除去したところ。


オレンジ風味なので、継続して飲みやすいと評判です。


リピート率が92.3%と高いことも支持されている証です。

美健知箋EPA&DHA

サトちゃんのマスコットでおなじみの「サトウ製薬」が開発したサプリメント。


高濃度のEPA&DHAが配合されています。消化吸収を高めるために、小さな粒に加工。


初回はお試ししやすいお値段となっています。

   

 -